Young Souls【steam】 レビュー・感想 双子を操作して進める横スクロールアクションゲーム!

Young Souls ゲーム画面

今回はsteamで配信されている「Young Souls」をプレイしたのでレビュー・感想を書きます。

双子を操作しながら進めるアクションゲームです。

経験値によるレベルアップや武器の強化をしつつステージを攻略していきます。

steam内の全ての評価で「非常に好評」に位置付けられているゲームです。(2022年3月24日時点)

目次

Young Soulsとは

Young Souls プロローグ

双子を操作しながらステージを攻略していく横スクロールのアクションRPGです。

本ゲームの特徴

動きが軽快な横スクロールのアクション

経験値によるレベルアップや装備品の強化で強敵を倒す

主人公の切り替えが可能(ソロプレイ時)

細かな設定で難易度の変更ができる

2人の主人公の口が悪い・・・

孤児として生活をしていたトリスタンとジュンが忽然と姿を消した義父を探すところから物語が始まります。

移動 ダッシュ ジャンプ ガード 攻撃 が基本的な操作で特に難しくないです。

パリィ(ジャストガード)で敵をスタンさせたり、魔法を打ち返すことが可能。

レベルアップやジムでミニゲームをクリアすることで主人公の能力がアップします。

4つの難易度から選択し、ダメージ量の増加など細かい変更もできます。(いつでも変更可能)

エリアが細かく分かれておりそれぞれの場所にワープで移動することができるので移動が楽です。

残念ながらいくつか翻訳ミスがあり内容が異なる場合があるので注意して下さい。

参考までに・・・筆者がクリアまでにかかった時間は9時間ほどです。(難易度ハード)

必要スペック及び概要

パソコンの性能によっては正常にプレイできない可能性があります。

必要なスペックを確認してから購入、ダウンロードしてください。

システム要件については最低限必要なスペックをsteamより抜粋しています。

(2022年3月24日時点)

リリース日2022年3月10日
ジャンルアクション,RPG
通常価格(税込)2570円
日本語サポート有り
コントローラーサポート有り
OSWindows 7
プロセッサーIntel Core i3-2100 or AMD Phenom II X4 965
メモリー8GB RAM
グラフィックGeForce GTX 650 Ti,2GB or AMD Radeon R7 360,2GB
DirectXVersion 9.0
ストレージ6GB
追記64ビットプロセッサーと
オペレーティングシステムが必要
開発元1P2P
パブリッシャーThe Arcade Crew

ゲーム内容

基本操作

操作方法に関しては 移動 ダッシュ ジャンプ ガード 攻撃 とオーソドックスな印象。

ダッシュは回避行動としても使えますがスタミナゲージを消費します。

敵にダメージを与えるとマナが溜まり特殊攻撃が使用可能です。

ソロプレイ時にはもう1人の主人公に切り替えることができます。

Young Souls パリイ

パリィ(ジャストガード)では敵をスタンさせたり、魔法攻撃を跳ね返すことが可能。

判定は少し他ゲームに比べると緩めで成功するとスローモーションになりかっこ良いです。

Young Souls 蘇生

ソロプレイ時限定ですがHPがゼロになった場合もう1人の主人公で蘇生することで復活できます。

難易度の設定、変更

ゲーム開始時に難易度の設定を行います。

いつでも変更可能で細かい設定を調整することもできるのでなかなかクリアできない人も安心です。

マップ、エリア

Young Souls マップ

ステージクリア型の構成になっており細かくエリアが分かれています。

門を1度通過すればワープ可能になり移動が楽になります。

Young Souls 敵に囲まれる

単体ではなく複数の敵と戦うことが多いです。

個人的にきついと感じたのが 無敵時間の短さ

敵にはさまれるとお手玉状態で気付いたらザコ敵でも大ダメージを受けます笑

タイミングよく刃物やレーザーをかわすエリアも用意されています。

出現頻度は少なく、難しくもないので問題なく通過できます。

Young Souls ヤーランダ

特定の場所に行くと「ヤーランダ」というちょっと強めの敵が出現するエリアが用意されています。

苦戦しますが倒すと強力な武器が入手できます。

ボス

道中ではボスがたびたび登場します。

ゴリ押しではなかなか勝てず敵の動きを見て行動することが必要です。

レベルアップ

Young Souls レベルアップ

敵やボスを倒すと経験値を獲得しますがすぐにはレベルアップしません。

必要分の経験値を溜めて自宅で寝るとレベルアップします。

装備品の購入、強化

物語を進めると解放される「ゴブリン市場」では装備品の購入や強化を行うことが可能です。

武器や防具にはスキルが付いており強化することで新たなスキルを解放することもあります。

ダウンタウン

ダウンタウンではジムでの自身強化やアイテムを売却、見た目変更アイテムの購入ができます。

ジムではチケットを使いミニゲームクリア時の評価に応じて能力値がアップします。

ボタン連打するだけですが結構楽しいです。

Young Souls ショップ

スニーカーにもスキルが用意されています。

やりこみ要素

サブイベントや寄り道要素は特にありません。

やりこみ要素としては各エリアの宝箱回収率、踏破率が表示されるので100%を目指すといったところかと思います。

steam内実績は全部で33個用意されています。

プレイした感想

ほどよい難易度のアクションRPG

操作に関しては特に複雑な要素は無し。

ゴリ押しではクリアできず敵の動きや攻撃パターンを見て攻撃する必要があります。

敵は複数で戦うことが多く苦戦することもありますが、細かい難易度調整が可能なためアクション系が得意ではない人でも安心して遊ぶことができます。

他ゲームと比べるとパリィしやすい

敵の攻撃時に紫に光る パリィの判定が他ゲームより緩い のでパリィが成功しやすい印象です。

筆者はあまり得意ではないですがそれでもそれなりに成功していました。

ワープによるエリア移動が楽

各エリアごとにワープできるので移動が非常に楽です。

カギを入手するまで進めない場所があり後回しにしても後でワープで行けるのでおっくうにならずに楽しめました。

全体的にボリュームが少なめ

筆者はクリアまでに9時間ほどかかりました。

実績解除など他にやることはありますが価格の割にボリュームが少なめだと感じました。

最後に

今回は「Young Souls」についてお話ししました。

主人公の動きが軽快でサクサク進めることができるアクションRPGです。

口は悪いですが双子の主人公のかけ合いが面白いのもポイント笑

steamでプレイ可能(2022年3月24日時点)ですので気になった人は是非プレイしてみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる