【耳垢が黒い?!】犬の外耳炎について

f:id:sugariku:20211005001507j:plain

外耳炎は犬がかかりやすい病気のひとつです。

筆者の飼っている愛犬も外耳炎にかかった経験があります。

外耳炎にかかるまではそこまで愛犬の耳の手入れについてあまり知識も無く、手入れもごくたまにする程度でした。

当時、「最近耳付近を掻いたり、頭を良く振るなぁ」と感じ耳の中をのぞいたことが始まりでした。

のぞいてびっくり!

耳に大量の黒い耳垢が溜まっていました(´;ω;`)

すぐに動物病院に直行。診断結果は案の定「外耳炎」でした。

獣医さんの適切な処置と治療薬によって症状はおさまりましたが、現在でも耳の中をこまめにチェックし、定期的に掃除して再発を防止しています。

みんなめちゃめちゃ嫌がりますけどね笑

そこで今回は

犬の外耳炎について

お話しします。

目次

犬の外耳炎とは

f:id:sugariku:20211005001519j:plain

外耳とはどの部分?

まず、犬の耳は外耳、中耳、内耳の3つで構成されており外耳とは耳から鼓膜までの道のことを言います。

筆者は人間が耳かきするときの範囲を外耳と認識しています。

治りにくく、治療が長期化する、治療を辞めるとまた再発する可能性があります。

耳の病気になりやすい犬種

垂れ耳

垂れ耳だと耳道の通気性が悪く、湿気が溜まり汚れやすくなります。

梅雨の時期に窓を閉めっぱなしにしたときの室内のイメージですね。

筆者の飼っているキャバリアも垂れ耳のため該当します。

耳毛が多い

耳毛が多いと耳垢が絡まってしまい、汚れがたまりやすくなります。

症状

耳垢が多く出る、黒や茶色のべっとりした耳垢が出る

耳垢は鼓膜までの耳道で分泌される老廃物のことを指します。

外耳炎になると様々な影響により耳垢の量が増加したり、耳垢の質も異なります。

普段なら薄茶色の乾いた耳垢ですが、黒や茶色のべっとりした耳垢が出ます。

耳から異臭がする

耳をめくったときに異臭がします。どんな臭いかと言われると例えにくいですが、独特な臭いがしますのですぐに異常だとわかります。

頻繁に耳や首周辺を掻くようになる

耳の痛みやかゆみが気になり、耳や首周辺を頻繁に掻くようになります。

普段から後ろ足で首・耳周辺を掻くことはありますが、その頻度が多いと感じたら症状を疑いましょう。

耳が赤い

外耳部分が赤くなります。かゆみが強いを掻きむしってしまい、出血が見られることもあります。

原因

・アレルギーによる皮膚疾患

・耳ダニ、細菌、真菌

・感染症によるもの

・腫瘍や出来物からの炎症

・過剰な耳の掃除

等の理由が考えられます。

予防法

耳の掃除を定期的に行う

なによりも耳を清潔に保つことが重要です。

耳の掃除には様々な方法があります。

筆者が行っている掃除方法は、普段は耳掃除シート、汚れがひどくなってきたら耳洗浄液を使用しています。

耳掃除シートは拭くだけなので簡単です。注意することは拭くときの押し付ける強さですね。

強すぎるとわんちゃんが痛がるので優しく拭いてあげます。

耳洗浄は耳に洗浄液を垂らし、その液体と耳垢を犬が頭を振って出すという掃除方法です。

耳の中に洗浄液を垂らす

耳を下げて耳の穴付近を優しく揉む

とやり方はシンプルですが、簡単にはいきません。

なぜなら犬が嫌がるからです。もし、自分が同じ事されても嫌がりますよね笑

どんなときでもくっついてくる愛犬達が筆者が洗浄液を持つと離れていきます・・・(´;ω;`)

そんな愛犬を所定の位置まで抱きかかえていき、「大丈夫」「大丈夫」と声を掛けながら耳掃除をします。

揉み込む回数は10回程。終わったら手を離します。

ここで注意点ですが、耳洗浄を行うときは汚れても良い服装、場所で行ってください。

耳の中の液体を飛ばすために犬が頭をふるのですが、そのときの洗浄液・耳垢が飛び散ります(^_^;)

頭ふりふりが終わったら耳の中を確認し、耳毛などに付着している耳垢を取り除き、洗浄液の濡れを拭いてあげれば完了です。

終わったら「はい、良いよ!」と声をかけて上げると筆者の愛犬はダッシュで離れていきます笑

散歩中に草むらに入らない

散歩する道によっては難しい場合もありますが、極力草むらには入らせないようにしましょう。

草むらにはダニやノミが生息しており、耳にダニが入って外耳炎を引き起こす可能性もあります。

最後に

f:id:sugariku:20211005001531j:plain

今回は犬の外耳炎についてお話ししました。

外耳炎は犬が引き起こしやすい症状のひとつです。定期的に愛犬の耳をチェックし、汚れている場合は掃除しましょう。

頻繁に首や耳周辺を掻くようなしぐさを行ったら、耳をチェックし外耳炎の症状が見られたら動物病院で診察・処置して貰いましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる